建設業の【魅力とやりがい】2020!『河川工事編』

employment

先日、私は下記のツイートをしました。

建設業はどんなところなのか?【魅力とやりがい】はどのようなものがあるのか?

土木建設業の【魅力とやりがい】について特に河川道工事』について興味ある人へ向けて!

本記事では土木建設業の中の『河川工事』における【魅力・やりがい】について解説します。これを読む事で『河川工事』が分からない方でも『どのような工事内容なのか』が具体的にわかります。

本記事の内容

  • 建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『魅力』
  • 建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『やりがい』
  • 建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『誇り』
この記事を書いている私は、土木建設会社で15年間現場の施工管理を経験し、その後10年間本社の安全・労務・原価・人事・採用などの担当していますので『魅力・やりがい』について自身の経験からわかりやすく解説します!

結論、『河川工事』は大雨洪水などから、地域が『水害』にならないように整備する【なくてはならない工事】です!

スポンサードサーチ

建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『魅力』

建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『魅力』

地域を『水害』から守る!

  • 地域住民の全てに関わる河川工事
  • 緊急時のスピード処理
  • 維持も河川工事の魅力の1つ

地域住民の全てに関わる河川工事

河川工事は地域の『防災』にとって欠かせないモノです!
そんな仕事が河川工事です。河川工事は『護岸・築堤・樋門・維持』などに分けられ、それぞれ河川の使用状態を見極めながら各自治体によってどのような工事にするか分けられ発注されます。これらの工事を実施することにより『水害から強い街を創る』ことで『多くの人に役立つ仕事』として魅力があります。

緊急時のスピード処理

河川は堤防が決壊すると地域一帯は洪水となり浸水してしまいます。
そんな時に現地で初動対応するのが建設業です。地域のために急いで復旧作業を行い二次災害を防ぎます。この『迅速な対応』を実行しやり遂げる事で『地域の防災』を担うのが河川の工事の『魅力』です。

維持も河川工事の魅力の1つ

河川がいつも綺麗なのは維持作業のおかげ!
河川は何もしないで放置すると『草で荒れ放題、護岸や樋門が壊れたまま』など劣化していきます。そこで重要なのが『維持作業』です。常に河川の状況を把握するためにパトロールを実施し異常があれば素早く対応する。人知れず河川の維持に専念して『河川の機能を維持する』事が河川工事の魅力の1つです。

関連記事:建設業の【魅力とやりがい】とは?『工種別まとめ編』2020!

建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『やりがい』

建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『やりがい』

大雨を凌ぎ河川の役割を果たした時の感動!

  • 地域のために
  • プロフェッショナル
  • 限られた時間の中で仕上げる

地域のために

この河川を創るのは地域のため!
河川工事の目的はやはり『防災』にあります。防災は地域の人達にとって重要な事です。防災のための設備を工事することは『地域のため』その思いが『やりがい』に繋がっています!

プロフェッショナル

専門的な知識が必要!
河川工事は現在使用している中で施工する難しい工事です。なので専門的な知識が必要で誰もが出来るわけではなく限られたプロフェッショナル集団しか施工することができない『やりがい』のある内容です。

限られた時間の中で仕上げる

河川工事は期間限定ものが多い!
河川工事は川の中での作業が多く、水の少ない時期を狙って施工するため期間が限られています。なので効率の良い段取りが必要になります。『限られた時間の中』で本質の良いものを創る事が『やりがい』に繋がります。

関連記事:建設業の【魅力とやりがい】とは?『工種別まとめ編』2020!

スポンサードサーチ

建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『誇り』

建設業の【魅力・やりがい】河川工事の『誇り』

水害に強いものを創る!

  • 地域への想い
  • 環境に配慮した施工
  • 地域特有の環境対策

地域への想い

地域で災害が起きないように!
この想いで工事は進められます。ほとんどの工事は地域の『防災』を考え発注されています。これらの想いを受けて施工・完成した河川工事は技術者の『誇り』です。

環境に配慮した施工

河川は特に環境配慮を考える!
河川の環境は最終的には海に繋がり海産物への影響があります。環境に配慮した施工は『人に影響』する事になります。『環境に配慮した施工』を効率よく考え実施することは誰もができることではなく『誇り』になります。

地域特有の環境対策

地域に合わせた対策を施す!
地域によって環境は異なります。その地域にあったベストな環境対策を実施して『環境保全』に努めましょう。『絶対に環境を壊さない』これが河川工事での環境に対する『誇り』です。

まとめ

よく見かける『河川工事』ですが、いくつか種類があり『護岸・築堤・樋門・維持』などに分けられます。それぞれ河川の状態を見極めながら各自治体によってどのような工事にするか分けられます。これにより『水害』から街を守り『河川氾濫』を防止する工事を実行することで地域に役立つ『やりがい』のある工事となります!

関連記事:建設業の【魅力とやりがい】とは?『工種別まとめ編』2020!

人気記事建設業『コロナ禍での熱中症対策』のポイント【2020】『予防編』!

人気記事建設業の【安全教育】簡単で分かりやすい!『安全法令ダイジェスト』おすすめ!