» ながら聞きできるYou Tubeでも配信中!←こちらをクリック!

土木建設業のスキルを磨こう!現場仕事で【必要なスキル】3選!

Mind

土木建設会社で働いている方や、土木の仕事に興味のある方の中には

・新人技術者のスキルアップ教育はどうやるのか?
・技術者で採用されたけど、いったいどのようなスキルを身につけるといいのかな?
・技術者に興味があり面接を考えているけど、必要なスキルはあるのかな?

と思っている方は、この記事を読むことで、技術者が身につけておくと現場で実際に役に立つ『仕事で使えるスキル』と『スキルを磨く方法』がわかります。

本記事の内容:土木建設業の技術者に必要な【スキル】とは!?

  • 仕事で使う必要なスキル3選
  • スキルを磨く方法
  • 仕事のスキルを磨く意味
この記事を書いている私は、土木建設会社で『15年間現場の施工管理』を経験し、その後『10年間本社の安全・労務・原価・人事・採用』などの業務を担当していいます。自身の経験から『スキルアップ』の方法を、わかりやすく解説します!

【結論】スキルアップには自ら学ぶ意志が重要となります。

『人気ブログランキング』←応援クリック頂けると嬉しいです。

スポンサードサーチ

仕事で使う必要なスキル3選

仕事で使う必要なスキル3選

この3つが最低条件!

  • コミニュケーション力
  • 学ぶ力・技を盗む力
  • 調べる力

コミニュケーション力

どの業界でも必須なスキル!
どこに行ってもコミニュケーションは大切だよと言われます。なぜ大切なのか?物事は全て人の判断によって決まります。
特に現場では1人での作業は少なく、多くの人達が関わり合いながら物作りを完成させて一つのものを作り上げます。
そのためには、工程の調整が必要不可欠であり、コミニュケーションが取れなければ先に進めない現実があるからです。

学ぶ力・技を盗む力

自ら学ぶ意志がなければ先には進めない!
学生時代は答えのある問題を解けば正解が分かりますが、現場は一つのものを完成させるための工程は何通りもあり、その中から一つを選択し、完成に向かいます。
そのため、どの工程を選ぶかによって、仕上がりや利益率などが異なり、それが個人の能力として判断され評価されます。
どの工程が最適なのか?その時の状況により変わり、その瞬間でなければ判断はできません。
その判断をするために、日々の作業の中で先輩や専門技術者から見て学び、技を盗む力がとても重要となります。

調べる力

調べる時は発想力とキーワードが重要!
ネット社会になり格段に情報量が増え、さらに調べることが容易になった現代では、簡単に情報を取得することができます。しかし便利になた反面、間違った情報も数多くあります。
そんな中で、検索するときの重要なポイントは【調べる力】調べ方です。検索結果を1つ見て答えを出すのは非常に危険な行為となるので注意が必要です。
具体的にどのように調べるのか?
調べる単語の他に複数の文字を追加して、幅広く検索してみましょう。さらに連想できるキーワードも複数検索すると、より確実性の高い情報を入手することができます。
1ページ目の1項目の情報だけを見て判断するのではなく、多くの情報を確認し確実性を上げることが重要です。

スキルを磨く方法

スキルを磨く方法

スキルアップは自分の考え方で変わる!

  • プライベートも学びの時間
  • なぜなぜ思考
  • 3通りのやり方を考える

プライベートも学びの時間

時間は有限!有効活用した人がスキルアップできる!
誰もが唯一同じ条件で平等な【時間】を有効活用しましょう。プライベートの時間を勉強する時間に当てることで、格段に同僚と差をつけることが可能です。
この時間に閃いたことを調べたり、読書をして知識を増やすことは、間違いなく将来の結果が違ってきます。
他人と同じことをしていても差は開きません、スキルが他人よりある人は必ず努力しています。
どこで努力しスキルアップするかは有限な時間をどのように活用するかによって決まります。

なぜなぜ思考

失敗と疑問は成功の近道!
失敗したときには原因を追求し改善しましょう。具体的には、なぜ失敗したのか?なぜうまく行かないのか?なぜ?原因追求には、この【なぜ】を3回繰り返しましょう。これにより具体的な原因と改善方法が見つかります。
この方法は、現場開始時の施工方法を考える時にも使えます。また、設計変更などの時にも使える便利なスキルです。

3通りのやり方を考える

スキルアップには考え方の引き出しを多く持つ!
現場のポイントは施工方法です。どのような方法で現場を進めていくのか?によって現場の状況は大きく変化します。ここで重要なのは多くの選択肢を考えて最善の方法を決めることです。
そのためには、多くの経験と発想力がポイントとなります。その時その瞬間の状況を考え、少なくても3通りの施工方法を絞り出し、最善な方法を見つけて実行し経験値を上げる。
この繰り返しによってスキルアップの幅が大きくなります。

スポンサードサーチ

仕事のスキルを磨く意味

仕事のスキルを磨く意味

なぜスキルアップは必要なのか!

  • 物事のすべては『人』から始まる
  • 観察力は今後の対人関係でも必須となる
  • 工夫する思考で、選択肢が広がり世界が変わる

物事のすべては『人』から始まる

自分ひとりでは何もできない現実!
コミニュケーションは1人では何もできない状態から相手を巻き込み、事をなすスキルです。いかに相手の気持ちを喜ばせて自分の味方につける事ができるか?によって仕事の成果も変わってくることを考えれば、このスキルが重要なことは一目瞭然となります。

観察力は今後の対人関係で必須となる

見て技を盗むのは昔から同じ!
職人は【技を盗め】と言います。盗むためには観察力が必要で、見様見真似をしているだけではうまく行きません、どうしてそれをやるのか?なんのために?と疑問を持ちながら観察する事で理解が深まります。
それを理解して実践する事で職人から認められ師弟関係が生まれます。
これを繰り返すことにより、次世代への技術継承へと繋がります。

工夫する思考で、選択肢が広がり世界が変わる

いつも同じでは成長できない!
現場の条件は同じ事はありません。その中でスキルアップするには、常に工夫をして考え経験することで成長し続ける事ができます。
同じ条件の現場が無い土木工事では、この経験こそが価値であり、求められる人材となります。
多くの経験と工夫できる人材は最強です。

まとめ

ここで記述したスキルはどの業界でも通用するスキルです。しかし実行できるのは本人しかいません。最終的には自らの気持ちと意志によってスキルアップが可能となります。自分の未来の姿を想いながらスキルアップしましょう。

人気記事建設現場での【熱中症クイズ】効果的な活用方法を公開します!

人気記事建設業の【安全教育】簡単で分かりやすい!『安全法令ダイジェスト』おすすめ!