建設業の【魅力とやりがい】2020!『林道工事編』

employment

先日、私は下記のツイートをしました。

建設業はどんなところなのか?【魅力とやりがい】はどのようなものがあるのか?

土木建設業の【魅力とやりがい】について特に『林道工事』について興味ある人へ向けて!

本記事では土木建設業の中の『林道工事』における【魅力・やりがい】について解説します。これを読む事で『林道工事』が分からない方でも『どのような工事内容なのか』が具体的にわかります。

本記事の内容

  • 建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『魅力』
  • 建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『やりがい』
  • 建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『誇り』
この記事を書いている私は、土木建設会社で15年間現場の施工管理を経験し、その後10年間本社の安全・労務・原価・人事・採用などの担当していますので『魅力・やりがい』について自身の経験からわかりやすく解説します!

結論、『林道工事』は何もない場所を切り開く【開拓者】です!

スポンサードサーチ

建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『魅力』

建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『魅力』

何もない場所を切り開く!

  • 森から道路へ
  • 自分だけが知っている
  • 実は選ばれた人達

森から道路へ

何もない森の中を開拓して一から道路を創る!
そんな仕事が林道工事です。外国から比べると日本は森林面積に対しての林道の延長が短いです。林道工事のほとんどは『新設工事』で『植林・伐採・保全』のために工事があります。森林火災や災害時などに役立つのも林道の特長で『魅力』です。

自分だけが知っている

人目には付かないが『森林』を守っている!
山奥なので地域住民すら工事してるかわからない!しかし、山に土地を持っている方々は『知っています』林道工事がどれだけ重要であってどれだけ助けられているか!林道を創ることで『森林を守る』これが林道工事の『魅力』です。

実は選ばれた人達

特殊な作業条件の中で選ばれた人しか作業できない!
林道工事は何もない急斜面での作業となり重機での機械作業がほとんどです。重機の運転手は自らの頭で完成形をイメージして山を『切ったり盛ったり』しながら道路の形を創ります。なので慣れた人の選抜メンバーでなければできない作業となります。数少ない選ばれた人しかできないのが魅力の1つです。

関連記事:建設業の【魅力とやりがい】とは?『工種別まとめ編』2020!

建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『やりがい』

建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『やりがい』

林道の仕事で満足するモノ

  • 数々の技がある
  • プロフェッショナル
  • 誰でもできない現場

数々の技がある

林道工事は工種が多く『器用な人』が求められる!
森林の中を走る林道は、ほぼ街の道路と変わらない作りですが斜面が多いのが特徴です。この斜面で仕事をするのには平地での作業とは違った『技』が必要になります。『俺にしかできない』その思いが『やりがい』に繋がっています!

プロフェッショナル

専門的な知識が必要!
林道工事は工程を組み合わせるのが難しい工事です。なので専門的な知識が必要で誰もが出来るわけではなく限られたプロフェッショナル集団しか施工することができない『やりがい』のある内容です。

誰でもできない現場

統括する責任者は限られる!
責任者においても『限られた人材』しか施工することはできません。林道工事は『土の動かし方』がポイントとなり『無駄なく使い回す』が基本です。なので『ここの土をこっち』などの工程を組み立てるのが難しく『経験値』によって『利益率』が大きく左右されるため『やりがい』のある工事となります。

関連記事:建設業の【魅力とやりがい】とは?『工種別まとめ編』2020!

スポンサードサーチ

建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『誇り』

建設業の【魅力・やりがい】林道工事の『誇り』

何もない場所から繋がる道

  • 山の道標
  • 数少ない施工業者
  • 危険と安全管理

山の道標

見えない場所を切り開き路網を創る!
林道は路網とも呼ばれ森林を管理するのに重要な役割を持っています。この路網がなければ森林は荒れ放題となります。森林保全のため作った道路は技術者の『誇り』です。

数少ない施工業者

難易度が高く利益率が少ない工事でも森林保全のために!
『工事数と利益率』が少ないのが林道工事です。その中で事業の撤退を決める会社も数多くあります。しかし『我々がやらないで誰がやる』の思いを持った会社は森林保全のために『誰でもできない工事』に取り組むことを『誇り』に思っています。

危険と安全管理

林道は死亡災害に繋がりやすい工事!
林道工事では特に『重機と人』や『重機の転倒』災害に注意します。どんなにベテランでも『操作ミス』などにより事故を起こす可能性はあります。いかにミスを無くすか『絶対に事故は起こさない』これが林道工事での安全に対する『誇り』です。

まとめ

あまり馴染みのない『林道工事』ですが、植林・伐採・保全の目的で林道は必要不可欠。火災などは林道で遮断し、災害時には臨時の交通網としても機能する『保全・維持』のための工事が林道工事でとても重要な役割を持っています。日本の国土の約7割を占める森林の『保全・維持』を実行する『やりがい』のある工事となります!

関連記事:建設業の【魅力とやりがい】とは?『工種別まとめ編』2020!

人気記事建設業『コロナ禍での熱中症対策』のポイント【2020】『予防編』!

人気記事建設業の【安全教育】簡単で分かりやすい!『安全法令ダイジェスト』おすすめ!