建設業の求人『未経験』でも採用される理由とポイント!

employment

先日、私は下記のツイートをしました。

建設業の求人は未経験でも高確率で採用されます。肝心なのは採用後の本人の『やる気』です。さらに普段からスキルアップを考え実行することで『さらに上へのステージアップ』が可能で、本人のやる気によっては『将来性』の幅が大きく変わりうる職業です。

建設業って未経験者でもできるのかなぁ?経験者しか採用してないんじゃないのかな?

そんな事はありません!本人のやる気次第で就業可能で、さらにはスキルアップする事で現場責任者にもなることが可能です。

本記事では『建設業の求人』と『未経験者』について解説します。これを読むことで『建設業と未経験者』の関係が具体的に分かります。建設業に興味のある未経験に必見の内容です。

建設業界が未経験でも求人する理由は!?

  • 未経験でも求人する建設業はなぜ?
  • ☑️専門科目の学校減少や少子化による人材不足が原因!対策は!?
    ・一から育て知識をつける
    ・建設業の仕事を理解してもらう
    ・施工管理は手書きの紙からPCのデータへ

  • 求人あっても未経験者は建設業に不安?
  • ☑️未経験者は建設業に不安がありませんか?
    ・未経験でも仕事はできる
    ・これからの業界の見通し良好
    ・スキルアップで昇格可能

  • 建設業の求人は未経験でも大丈夫!
  • ☑️こんな人が成功できる!ポイントは!?
    ・やる気のある人
    ・取り敢えず何かモノを作ってみたい人
    ・不思議なものを調べ抜く人

この記事を書いている私は、土木建設会社で15年間現場の施工管理を経験し、その後10年間本社の安全・労務・原価・人事・採用などの担当していますので『未経験者の求人』について自身の経験からわかりやすく解説します!

結論、『未経験者でも就業可能』です。それよりも『本人のやる気』がポイントです!

スポンサードサーチ

未経験でも求人する建設業はなぜ?

未経験でも求人する建設業はなぜ?

専門科目の学校減少や少子化による人材不足が原因!対策は!?

  • 一から育て知識をつける
  • 建設業の仕事を理解してもらう
  • 施工管理は手書きの紙からPCのデータへ

一から育て知識をつける

スタートはみんな一緒で未経験!
現在では建設系の科目を扱う学校も少なくなり、普通科から建設業へ就職する学生もいます。実際に専門科目を卒業しても現場にでてしまえば一年生なのでスタートはみんな一緒です。結果、一から教えて育てる方向へ業界は変わってきています。

建設業の仕事を理解してもらう

実際の仕事内容を知らない人が多い!
最近はアピールに力を入れる会社も多く少しずつ理解してもらえる機会が増えてきていますが、まだまだ知れ渡るには時間がかかります。企業説明会やインターンシップで実際の仕事内容を理解してもらい、興味を持ってもらう活動を実施しています。

施工管理は手書きの紙からPCのデータへ

書類は紙からデータへ!
現在のデスクワークは全てPCで作業し、データで管理します。図面の作成や写真の整理での技術的なスキルはいらなくなり、センスが重要な時代になりました。

求人あっても未経験者は建設業に不安?

求人あっても未経験者は建設業に不安?

未経験者は建設業に不安がありませんか?

  • 未経験でも仕事はできる
  • これからの業界の見通し良好
  • スキルアップで昇格可能

未経験でも仕事はできる

自分のやる気次第でスキルアップは可能!
最初は全員初心者です。先輩の技を『見て覚えやってみる』事で経験を積んでいきます。職人は無口で伝えるのが下手ですが、聞けば教えてくれます。これらはコミニュケーションで来ていれば問題ありません。

これからの業界の見通し良好

公共工事の建設業は見通し良好!
民間工事の発注量は景気に左右される割合が大きく予想が困難ですが、公共工事の発注量は極端には左右されないため、一定数の工事量は確保されると思います。受注会社の事情などにもよりますが景気は良好と見て良いと思います。

スキルアップで昇格可能

人材不足で実力社会に!
スキルアップは自分次第なので、やればやるだけスキルアップが可能で会社の評価も上がります。昔ながらの年功序列社会から脱却するには『出る杭』となり『突出して唯一の存在』を目指しましょう。

スポンサードサーチ

建設業の求人は未経験でも大丈夫!

建設業の求人は未経験でも大丈夫!

こんな人が成功できる!ポイントは!?

  • やる気のある人
  • 取り敢えず何かモノを作ってみたい人
  • 不思議なものを調べ抜く人

やる気のある人

特にポジティブ思考は重要!
何を考えてもネガティブはいけません。失敗しても常に前進のポジティブな気持ちを持った人は成功します。失敗は成功の鍵を握る行動であり、思考停止した段階で終了です。何があっても諦めない『やる気』のある人が求められます。

取り敢えず何かモノを作ってみたい人

取り敢えず建設業界に入った人は多い!
入社して物を作ることで初めて建設業にハマる人は多いです。特に土木建設業は同じ条件で同じ物(構造物)を作る事は無く、全てが違った環境の中で創意工夫しながら創り上げます。純粋に物を作る気持ちを持った人は未経験者でも必ず成功します。

不思議なものを調べ抜く人

働いてから覚えるスキルばかり!
取り敢えず『その場だけ』の内容は調べれば答えは出ますが、さらに進んで詳しく調べる事で専門知識を吸収し格段にスキルアップします。これは未経験者でも『やればできる』行動です。

まとめ

建設業は『経験者か未経験者』はスタート時は全く関係なく、自らの『やる気』一つで将来を大きく変えることができる未来ある業種です。さらに『やる気』を継続的に維持する事でスキルアップし成長できる業界です。

人気記事建設業『安全管理』のポイント2020!

人気記事建設業の【安全教育】簡単で分かりやすい!『安全法令ダイジェスト』おすすめ!